2006年01月11日

ウッチーが結婚!!!

ウッチーが結婚だってさ!!ちょっとショック。。。かわいいよね。ウッチー。

是非、幸せになってもらいたいと思います!!

★以下、サンスポからの抜粋です。まだ詳しく読んでいない方はどうぞ。
フジテレビの内田恭子アナウンサー(29)が吉本興業の制作部チーフマネジャー、木本公敏氏(32)と結婚することが10日、同局から発表された。木本氏が浜田雅功(42)を担当していた当時、同局系「ジャンクSPORTS」を通じて知り合い、平成15年3月に交際がスタート。昨年12月に婚約した。内田は「そのままの私を受け止めてくれる大きな心に惹かれた」と喜びのコメントを寄せた。3月いっぱいでフジを退社し、フリーアナとして活動する予定。



フジの女子アナの中でも、1、2位を争う人気者の心を奪ったのは、IT長者でもなく、ヒルズ族でもない。年収700万円(推定)のサラリーマンだった。

木本氏は、兵庫県宝塚市出身。1メートル80、75キロのがっしりとした体格で、目鼻立ちがくっきりとしたイケメンだ。関西学院大学時代はアメリカンフットボールの選手として、また高等部のヘッドコーチとして活躍。面倒見がよく頼れる人物として、当時から人望が厚かった。

2人が知り合ったのは平成12年4月。フジテレビ系の人気スポーツバラエティー「ジャンク−」の現場。当時、木本氏は浜田の担当マネジャー。スタッフの食事会などを通じて徐々に親しくなり、15年春に交際がスタートした。昨年9月に木本氏がプロポーズ。同12月に双方の両親が顔を合わせ、正式に婚約となった。

この日、ファクスで婚約を報告した内田アナは「彼の愛情深く、穏やかで、そのままの私を受け止めてくれる大きな心に惹かれ、ずっと温かい気持ちで一緒にいられると思った」と綴り、木本氏のおおらかで包容力のある性格が結婚の決め手となったことをうかがわせた。

プロ野球選手や、IT企業家などとの交際、結婚が噂にのぼり、華やかなイメージのある女子アナ界。内田アナも、週刊誌などを賑わせてきたが、フジ関係者は「浮ついたところがない堅実な女性」と話す。昨年秋、「木本氏と別れてベンチャー企業社長に乗り換えた」などと報じられた時も交際は続いており、内田アナは心を痛めていたという。

一方の木本氏も、番組がきっかけとなった交際を浜田にたしなめられた際、「真剣な交際です」と説明し、浜田からも理解を得た男気のある人物。仕事をしたことがある関係者は「さわやか」「とにかく穏やか」「無駄な口をきかない」と口をそろえる。

「年収? 入社10年目だから少なくとも700万円くらいかな」とは吉本の関係者。内田アナは、木本氏のハートに惚れ、2人は“プライスレス”な愛情で固く結ばれた。

フジ広報によると妊娠はない。挙式、入籍の日取りや新居など具体的なことは何も決まっていないという。3月の退社後は、内田アナ自身、「大好きなフジテレビとのご縁を今後も大切にしたい」としており、フリーとして同局の番組にかかわっていくようだ。

posted by ココタロ at 11:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。